櫻 ノ 宮 萬 の 何 か 色 々

スノーライトエクリプス


夏から作ってた冬の曲です。

ロックだしテト氏かな、とも思ったんですが、
初めて雪歌ユフさんに歌ってもらいました。

うまく声が通る感じに調整できましたでしょうか。

初投稿もロックな冬の曲でしたので、意識しています。
(離別から死別に悪化していますが。)

今年もよろしくお願いしますね。


スノーライトエクリプス

作詞/作曲 櫻ノ宮 萬
歌 重音テト

有難う、さえ言えないままで
キラキラ スノーライト

雪のように消え去った 微熱
キラキラ スターライト

わからないのよ 独り
離れていても

変わらないでいて

冬がくれば貴方にまた逢えるから
空が曇ればいいのに oh yeah

夏の日でも瞼の裏 鮮やかに
キラキラ 綺麗な スノーライト


思い出せば白地に映える
フィルムは スノーブライト

突然なの ほどけた音は
サヨナラ スノーブライド

探さないでよ だけど
雪が溶けても

忘れないでいて

雪が降れば全てがまた静けさに
呑まれていくの寂しい uh yeah
触れたこの手 貴方は気付かなくても
ユラユラ 優しい スターライト


月の無い夜に淡く寄り添った
手を繋いでも闇に吸われてく

街の明かり 足跡を溶かす

居たい居たい 痛い痛い まだ逢いたい…


季節外れ 貴方はもう忘れたかな?
空が開けば8月 oh yeah

一人きりで巡る四季を迎えても
雪が溶けたら信じて、進んで!

冬がくれば貴方にまた逢えるから
今は晴れて欲しいのよ oh yeah

いつの日にも心の裏 輝く
私が居るわ 綺麗な スノーライト



 

独りぼっちのコウカイシ


航海/誌
後悔/詩
公開/死

テト氏にずっと叫んでほしかったんだけど、
なかなか叫ぶような曲が作れず。

そんなこんなで、やっと絶叫曲が出来上がりました。

歌詞はひたすら落ちていく感じです。
エモい感じにしようと色々流し込んだら
賛否ありそうなテイストに仕上がりました。


独りぼっちのコウカイシ

作詞/作曲 櫻ノ宮 萬
歌 重音テト

いま人生を投げた音がしたようだ
全然うるさい鼓動の音が

止まらない時計を叩き壊して
空を見上げるの忘れた頃に

消えたい生きたい
死にたい止めたい?

誰にも言えない心
溢れた傷口音階に変わる

僕を隠して船に乗り込んだ
もう降りられない
分かっていたよ

痛み隠して歌った幸せ
もう届かないけど


完全ばかりを求めてたんだ
不完全ばかりの世界の中で

安全地帯へ落ちていくんだ
約束忘れたフリした頃に

消えたい逝きたい
死にたい止めたい?

合図を送れば心の中で
綺麗な君だけが笑う

僕を隠して船に乗り込んだ
もう降りられない
分かっていたよ

痛み隠して歌った幸せ
もう届かないけど

またカラカラ乾いた頭の中に
ジンジン響くの煩い声が

赤い雨一筋潤したフリ
汚れた身体を言い訳にして


全て騙して海原を進む
笑って手を振る
強がってたんだ

傷は広がり動けないままで
消えていくのだろう


僕を隠して船に乗り込んだ
もう降りられない
分かっていたよ

痛み隠して歌った幸せ
偽物だったよ


僕が一枚の絵ならばよかった
僕が一滴の水ならよかった
心さえなければよかった
僕でさえなければよかった

暗い、暗い…

赤い、赤い…







クリスタルクオリア


作詞/作曲 櫻ノ宮 萬
歌 名前シレズ

セカイ未来まだ見えない進めない

わすれたのおぼれたの

セカイ未来まだ見えない進めない

ゆめみたのかんじたの

身体に突き刺さる
虚ろに染まる棘

けれど
確かに届いたの
貴方に刻む音

何処から
風、風 誰かが呼ぶ
雨、雨 聞こえない

詩を止めたのは
儚い夜色
消えた 光弾けた

僕に魅せたのは
揺れる想いふたつ溶かした
水面の赤い月

セカイ未来まだ見えない進めない
 
セカイ未来まだ見えない進めない

<母国語>

詩を止めたのは
儚い夜色
消えた 光弾けた

僕に魅せたのは
揺れる想いふたつ溶かした
水面の赤い月



 

 

藍色の麻酔


作詞/作曲 櫻ノ宮 萬
歌 重音テト

いよいよ落した風の中
冬の気配も鳴りを潜めて

錆びた路地で得た天使の姿も
益々白く滲んでいるようだ

消せない消したくない
捨てない捨てられない

季節が溢れた万華鏡の渦

君の手を離した
君の事を殺した


戻ることの無い温もり探して
光の中に一人きり
形にできない面影集めて
降りしきる雨を見てた

部屋へ潜んだ
確かなCO2の気配と

夢にはできない
炎の色を覚えてる?

二人の気配を戸棚に隠して

言えない言い出せない
知らない知るわけない

未来が別れた鳥籠の日々と

君の手を離した
君の事を殺した


戻ることの無い温もり探して
光の中に一人きり
形にできない面影集めて
降りしきる雨を見てた








ノスタルジア


ちょっとテイストを変えた曲が作りたいな、と思ったのが去年のいつ頃だったでしょうか。
遅くなりましたが、皆さまにご協力いただいて、投稿することができました。

有難うございます。



ノスタルジア

歌 闇鳴ニュイ
調声 セキヤ 様
ギター&ギターアレンジ あんやほ 様
イラスト 北屋けけ 様
作詞/作曲 櫻ノ宮 萬


痛い痛いと言葉は軽くて
深く刺さる棘も知らないまま

一人斬りだと笑えばモノクロ
足りない色はどこに隠したの

ねぇ

空は 広く
雲は 晴れて
風を読めば行ける

君を抱いて空も飛べるよ
嗚呼 そんな嘘もつけないで

意気地なしだと頭を閉ざした
深く感じた言葉も単純


夜の未知を焦がして歌えば
鮮やかな欲も空に還すの?また…

君を抱いて空を飛びたい
嗚呼 そんな嘘に騙されて

壊れてく?

失くしてく?


聴いて 僕の言葉
もっともっと探して

聴いて 僕の言葉
もっともっと響け 色に込めて


君を抱いて空も飛べるよ
嗚呼 そんな嘘もつけないで

今言うよ

君を抱いて空を飛びたい
嗚呼 そんな嘘に騙されてよ…

君の空を染めてみせるよ
一緒に笑おう
嗚呼 あと少し手を伸ばして

見えたゴールは幻だけども
描いた色は君だけのものさ

ねぇ
 
ニコニコ


YouTube

  • ライブドアブログ