櫻 ノ 宮 萬 の 何 か 色 々

霧の踏切


夢の中で曲、作ってること、あります。
起きたら忘れるか、そうでなくとも駄作だったり何処かで聴いた曲だったり。

そうじゃないよ、な、時の場合は、こんな感じです。



霧の踏切

作詞/作曲 櫻ノ宮 萬
歌 重音テト


赤い赤い夜もよも更け
夢からはみ出た
不条理が飛び出す

赤い赤い賽の眼が惹く
焦がれた死人の涙が踊りだす

いたい

鉄の軋む音が響くああ
それは楽しい
君も理解るさ

MORE LOVE LESS
未練がましく

踏切の音は
現世を閉ざし
眼を開いた
僕を噛み切る

いつか君に会えると
信じていた
でも頭のなかずれて


青い青い嘘か幻
こなれた手つきで
誘う白い闇

したい

今日も同じ音が響く ああ
それは虚しい
誰も知らない

焦がれた死人の涙が踊れば

MORE LOVE LESS
時計は進む

凍える叫びは
車輪に擦られて
瞬きの中の
君を攫うよ

いつか伝えたい言
無くしていた
今はもう何も違わず


MORE LOVE LESS
未練がましく

踏切の音は
現世を閉ざし
眼を開いた
僕を噛み切る

なく
なく
なく
今宵も1人で
なく
なく
なく

それでもいつか君に会えると
信じていた
でも頭のなかずれて


赤い赤い夜もよも更け
夢からはみ出た
不条理が飛び出す



ニコニコ
 



YouTube
 



蛇足。


踏切で死んだ者。

ひとつ、やり残したのは思いを告げること。

過ぎる列車に乗るあなた。

鉄の車輪越しの刹那にこそ巡り逢える。

誰も知らない。霧の朝。


サヨナラ・フレンズ


追いつけないまま、消えてしまった、みたいな曲。


思春期から大人への狭間。

一心同体だなぁ、なんて思ってたアイツもコイツも気がつけば変わってたりします。


サヨナラ・フレンズ

作詞/作曲 櫻ノ宮 萬
歌 重音テト
 

泡沫の想い
旅よ続け
乾いた汽笛を
鳴らして

見透かしたような
目で笑ってさ
ああもう時間だ
離れ離れ

かざした掌
こぼれ落ちる
夕日の鎖に
つないで

「幻は消える
そういうものさ」
ねえいつの間にか
月は欠けて

青い雨が降る
空の色に抱かれ
2.8秒の
空白の中に
沈めた足あと
探した


汚れたシャツを着替えて
誰かに手を引かれて
「サヨナラ」
「サヨナラ」
「サヨナラ」
また交う日まで

憧れてしまうことは
罪だねと僕の中の
誰かが
同情
するけど
それでも

ああ

夏の教室 喧騒
秋の放課後 木漏れ日
言えない事
くだらない事
夢の話
浮かべていた

雨の日 雪の日
ともに歩いたこの道
いつの間にか
いつの間にか
遠くなった


汚れたシャツを着替えて
誰かに手を引かれて
「サヨナラ」
「サヨナラ」
「サヨナラ」
「いかないで!」

嫉妬と憧れにまみれた僕の
薄汚れた心臓は

「どうしてまだ」

動いている


サヨナラ”親友”


泡沫の想い
旅よ続け
乾いた汽笛を
鳴らして

ニコニコ


 YouTube





ニア


8月の歌です。
ブログ全然使えてないんで歌詞とか、蛇足とか追加していこうと思います。

熱に浮かされ「君」をなくしてしまった人の歌。
相変わらず全部フリーソフトで作曲です。

audaciyでのミックス作業は無駄にしんどいですが好きです。


ニア

作詞/作曲 櫻ノ宮 萬
歌 重音テト


それは甘い

飛べないカラスの
哀しい羽音響いて
夕陽と落ちる
ひたりひたり
逃げ水
何処へ行く

焼け付く土瀝青
耳鳴り遥か憧憬
打たれて空に
離れ離れ
目を伏せ霞むまま

さめざめ蝉時雨木漏れ日
風なき街に機織る

それは
甘い8月のマボロシ
君が揺らめいては消える

終わる世界を閉じ込めて
白い硝子細工の夢

花はいつかは散ると知り
夏の空は涙落とす

それは
甘い8月のアヤマチ
君が揺らめいては消える

終わる世界を閉じ込めて
白い硝子細工の夢


僕は君の手を離した

ああ




ニコニコ


YoTube





  • ライブドアブログ